オルガニスト10年生の春

ある牧師さんの手引きで始めた、

挙式オルガニストの仕事。

10年目を迎える今年、

とても嬉しい出来事があった。

 

私にとって、この仕事は、

他でもないバッハの日常の疑似体験。

新郎新婦の門出をお祝いしながら、

心はいつも、そんなところにある…。

 

オルガンは同じ鍵盤楽器でも、

チェンバロ や クラヴィコードとは異質で、

ピアノとはとても遠い。

 

多くのことを学んだだけでなく、

それがこのような形でも、

実を結んだことに、

大きな喜びを感じる今日この頃。

秋の挙式が、

感動的になものとなることを、

心より願いながら…。

新たな感性を求めて

7月までのオフの間に、

やっておきたいことのひとつ、

新たな感性の発掘。

 

2003年に廃線となった、

JR可部線の駅の一つ

「安野 花の駅公園」。

一度行ってみたかった場所。

 

里山の春の彩。

感動に溢れた一日。

早瀬を聴く

安野花の駅公園 太田川の早瀬。

 

川の流れには名称があり、

浅く、流れが速く白波の立つ所を、

“早瀬”と呼ぶらしい。

 

間断ない早瀬の音。

かなり豪快であるのに、

不思議と心地良い、

自然が創りだす響き。

 

半月前に聴いた、

小瀬川の早瀬に比べ、

より広がりを感じさせる、

爽快な調べ。