アナカプリ

今、猛烈に音にしてみたい曲。

ドビュッシーの「アナカプリの丘」。

在欧中何度も弾いた曲。

 

楽譜に残された、

乱雑な書き込みを眺めていると、

暗中模索の果てに、

縺れて放り出された、

毛糸玉に見えてくる。

 

あのころやりたかったことが、

今なら、少しは上手く、

音にできるのではないかと、

そんな気がして…。

 

行きたかったけど、

行けなかった所の一つカプリ島。

今でも心残り…

 

Debussyの描く、

アナカプリの丘から見下ろす海は、

空よりも明るく青い。

そこには草木を揺らす憧れの風が、

今も心地良く吹いてる。