教会の演奏会

先日、小さな教会で演奏会があった。

 

教会での演奏会に、

いつも共通して感じること。

それは、演奏会という催しが、

実に無理なく自然体で、

その空間に馴染むということ。

 

なぜなら、

教会こそが音楽の母胎だから。

 

この日の会場は遠方で、

時間に余裕を見て出かけた結果、

予定より一時間も早く会場入り。

おかげで朝の礼拝に参列することができた。

 

小さな古い足踏み式オルガンで奏でられる楽奏。

そして、素朴にも完成された讃美歌。

数々の芸術作品を残した、

偉大なるバッハの日常がそこにある。

 

それは、時空を超えた感慨…