オルガンで「葬送」

先日、YouTubeで探し物をしていたら、

F.リストのピアノ曲「葬送」を、

パイプオルガンで演奏したものに遭遇。

 

(゚д゚)オルガンで~???!!!  と一瞬絶句!

早速に開いてみたのですが、

これが、相当しっくりくる(*゚v゚*)。

 

考えてみれば「葬送」は、

作品集 “詩的宗教的なる調べ” の、

第7番に編纂された作品。

リストは晩年宗教の道に入り、

自らオルガンも弾けば、

オルガン作品も残しているわけで、

この曲の背景に、

或いはオルガンの響きがあったという推察は、

十分に成り立つわけだ…。

 

ダイナミックな表現に於いて、

倍音の混濁がないオルガンでは、

壮大な響きの中に清潔感が表出される。

そして、オルガンではもはや必要のない、

ヴィルトゥオージティーは影を潜め、

荘厳な宗教性が最前面に押し出される。

 

ちなみに、同じオルガニストの演奏で、

リストのピアノソナタ(全曲)が、

リンクされていたので、

そちらも聴いてみたのですが、

こっちの方は、オルガンで表現するには、

やはり相当難ありという感じで…(^^;)。