天才作曲家

何の分野であれ、

この世に名を残すほどの人は、

人並み外れた能力を持っているけれど、

その天才たちの中でも、

桁外れの天分に恵まれた人というのが、

やはりいるように思う。

 

作曲家で言えば、

そりゃショパンでしょ!

…と思うわけだ。

 

ショパンの曲をレッスンしていると、

いつの間にか、

先生という立場を忘れて、

自分が一聴衆になっていることがある。

それほど、彼の音楽は耳に心地よく、

スッと心に浸透する。

 

そして、よくできた曲なのに、

彼の音符に、“作った”という形跡はなく、

だから、自分が練習する時、

思考の力を殆ど必要としない。

 

ショパンの発想の源泉は、

凡人には到底想像のつかない、

別世界のものなんだろうな…と、

ショパンに触れる時、いつもそう思う。