浪漫へ!

永年の課題であるバッハを小休止し、

今年度は取り組みの中心を、
一転ロマン期へ!

 

バロックにも古典にも存在しない、

ピアノでなければ表現できないもので溢れている…

それが、ロマン派の作品。

音楽としての喜びの頂点が、

バッハ・ベートヴェンの中にあるなら、

ピアニストならではの喜びは、

やはりショパン・リストの中にこそある。

 

バッハで学んだことを土台に、

ただ指が速く動くとか、

雰囲気があるとかそういうことでなく、

19世紀末~20世紀初頭の名人たちのような、

一音一音全に“浪漫”の薫る演奏に、

少しでも近づけたら…と。