今思うこと…

そう言えば、

あんなことを書いた日があるな…と、

このごろよく思い出す。

 

「舵」 日付はちょうど五年前…。

 

あの時はまだ、

その後、自分を襲ってくる、

数々の嵐とすさまじい荒波を、

想像すらもしてなかったけれど、

もしかしたら、

予感はあったのかもしれないと、

今あらためてそんなことを思う。

 

5年に及ぶ震災も、

やっと終息を迎えたのだろうか?

気づけば、あたりは別世界。

日が燦々と降り注ぐ荒涼とした大地から、

新芽が芽吹く。

 

航路を分かつ私の舟を見送った人、

嵐の中で共に風雨を凌いだ人、

この地で、新たに出会った人・・・。

 

人生の分岐点に、

別れと出会いはつきもの…。

 

そして、今自分がこうして、

以前と何ら変わることなく、

未来への夢と希望を抱いていることに、

そこはかとない幸せを感じる・・・。