アゴーギックとやじろべえ

“アゴーギック”

音楽の感じに合わせて、

テンポが速くなったり遅くなったり、

またはリズムが揺れたりすること。
(後者は厳密にはルバートと言う)

 

表現要素の中で、

最も難しいものの一つで、

演奏を芸術的に仕上げていくための、

きっかけであり、また要となるもの。

 

アゴーギック、

それは、やじろべえのようなもの。

止まったまんまだと役をなさず、

揺れることで、生命あるものとなる。

そしてその揺れは、

大きければ大きいほど、

スリリングなバランス感覚を、

存分に楽しめるのだけれど、

限界点を超えた瞬間、見事落下してしまう。

 

好みから言えば、私は、

綱渡りのようにさえ感じられる、

大胆なアゴーギックが好き。

 

その大きな揺れに必要な、

絶妙なバランス感覚と柔軟なリズム感。

 

演奏しながら、

難しものだな…と、いつも思う。