元宋の赤

奥田元宋・小由女ご夫妻の、

経歴と作品について調べてみました。

 

お二人の芸術家としての軌跡は、

其々が大変興味深いもので、

つい夢中になってしまう…。

 

美術館の展示を観ると、

誰もがすぐに気づくことだけど

元宋氏の絵画には赤い色調の作品が多い。

これは、自然を赤で表現する、

独自の表現法で、

“元宋の赤”と呼ばれるもの。

 

氏が“元宋の赤”を切り開いたのは、

63歳の頃とある。

 

才能に恵まれたこの偉大な画家ですら、

独自の表現の世界を確立するまでに、

これほどの年月を要するわけだ…。


芸術に挑むとは、

そいうことなのだろうな…と、

しみじみ思う。