ドビュッシー 初期作品の難しさ

ドビュッシーの初期の作品、

夢、月の光、アラベスク…等々

 

曲の規模が小さいことから、

小品と呼ばれるこれらの作品群には、

円熟期の「版画」以降にはない、

難しさがあります。

 

一言で言えば、ピアニスティックでない!

 

この時期、作曲中に、

ドビュッシーの頭の中を巡っていたのは、

ピアノの音ではなく、間違いなくオケの音。

 

オケスコアをピアノ譜に直したような楽譜は、

ある意味読みやすくはありますが、

逆に、「これ、どうやって弾くの?」

という記載も多いわけで、

それは、ピアノ弾きにとって、

率直に言って、あまりありがたくない…。

 

とりわけ、作曲者が存命中、

名の知れた大ピアニストであったことを思えば、

「えっと、知っててそれ書いてるわけね…?」と、

突っ込みを入れたくなってしまうわけです。

 

これらの作品群をオケの編曲で聴くと、

より自然な魅力を湛えた、

別の名曲のようにさえ響く理由は、

そこにあるんですよね…。


そう言う意味で、この時代の作品は、

ベートーヴェンのピアノソナタ、

とりわけ初期の作品に比されるでしょうか…。

ある意味、似てるんですよね…。