究極の喜び

昨夜の本番の興奮、

未だ醒めやらぬ今宵…。

 

数年に一度のスタンスで巡ってくる、

最高のステージと呼べるものが、

自分にはあるような気がする。

 

喩えて言うなら、

日食や月食のように、

諸条件が偶然に重なった時にしか、

絶対に起こらないような、

そんな不思議な現象…。

 

指と頭と耳が完全に一体化し、

究極の集中の中で得た自由に、

心が解き放たれる。

 

自分の外側にあった作品が、

止むに止まれず自分自身と同化し、

一体となる、究極の喜び。

生きてることを実感できる瞬間。

 

そして、だからこそまた弾きたいと思う。

もっと美しく、もっと感動的に…。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー