トリックアート

        クリックで拡大できます
        クリックで拡大できます

何年やっても、

やればやるほど発見&驚きのバッハ…。

 

掲載楽譜は、

2声のインベンション第5番変ホ長調。

形式・和声共に、到ってシンプルなこの曲に、

こんなウィットに富んだ工夫があったとは…。

 

27小節から終わりまでは、

冒頭テーマの再現フレーズで、調性はEs-dur。

あ~、やっとここに帰ってきた~!と、

ホッとする部分。

 

この再現テーマの冒頭二小節(青丸)が、

前小節の左手で、

実は、そっくりそのまんま、

先取りされているんですね…(赤丸)。

 

だたしこの部分は、As-dur(Esの下属調)。

楽譜に簡単な和声分析をしましたが、

元々Es-durだったモティーフを、

As-durの箱にはめ込むことで、

和声の機能が変化しているので、

テーマが先取りされていることには、

なかなか気づきにくい…。

 

一種の騙し絵、

トリックアートのようなものですか…。

先日、片手練習をしていて気づき、

驚いた次第…。

 

バッハからは、

「やっと気づきましたか…」と、

ほくそ笑まれる一方で、

「お前この曲を一体何年やってるんだ…」と、

呆れられた感がないでもないですが…。

今更ながらに、すごいな…バッハ…。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー