最も難しい伴奏

ピアノ曲で最も難しい伴奏、

それは間違いなくワルツの伴奏。

例の “ブンチャッチャ ブンチャッチャ” です。

 

3拍のリズムの中で、

左右の揺さぶりを繰り返すわけで、

これを正確に弾くだけでも、

決して簡単ではありませんが、

たとえ完璧に弾けたとしても、

それだけでは音楽にならいのが難しいところ。

 

因みに、音型の纏まりは、四分音符+二分音符。

手首の振りのリズムは、二分音符+四分音符。

この対置をうまく利用して、

単調な動きの中に、

自由な律動を創り出していくわけですが、

これには、独特のリズム感とセンスが必要で、

ショパンのワルツなどは、

やはりフランス系のピアニストに、

上手い人が多い気がします。

 

いずれにしても、

ワルツがうまく弾けるかどうか、

その9割は左手の伴奏にかかっているんですね…。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー