ブラームス ワルツ Op.39 あれこれ その3

ブラームスワルツ あれこれ…

最後にもう一つだけ、

形式の方に目を向けてみると…

 

一曲一曲の長さは短く、

反復の小節をすべて勘定して、

最長のもので僅か80小節(第11番)程度。

形式的には、二部形式と三部形式のみ。

 

つまり、全曲を通して、

無駄のないシンプルな作りで、

ピアノ作品であるとともに、

作曲の基礎教材にもなり得るような、

そんな作品集なんですよね。

 

例えば同じ二部形式でも、

再現フレーズを単純反復のするものから、

色々な技法で発展するものからいろいろあり、

ブラームスの作曲技法を、

チラリと垣間見る思いがする次第…。

 

しかし、このような短い、

シンプルな形式の曲を、

よくここまで芸術的に書いたな…と、

彼に対する尊敬の念新たなる今日この頃。

 

例えば、第三番嬰ト短調。

8小節+8小節の、

基本的な箱型に作られたとは思えないほど、

多くのことを語りかけてきます。

 

これは、言葉の丈を尽くして、

長文で何かを訴えるよりも、

ずっと難しいこと…。

 

この連弾集を知ることで、

重厚な交響曲や室内楽作品が、

その代表作であるブラームスの、

別の一面を垣間見ることができる…。

そんな気がしているのです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー