限界への挑戦

ご縁あって、今年からはじめた、

パンフルートとのデュオ。

 

この楽器とのアンサンブルの面白味は、

ピアニストに、即興やアドリブ、

アレンジメントの能力が問われること。

 

こういう楽器の作品の場合、

オリジナル曲といっても、

ベートーヴェンやショパン、

リストなどとは事情が大きく違い、

完成された形で残されている楽譜は少ない。

 

残っていても、スケッチ程度というものも、

けっこうたくさんあるわけで、

それをたよりに、二人で音を出しながら、

どいう形で音楽にするかを、決めていく。

 

…という意味では、

バロック音楽やジャズの作法に、

より近いものと言えるだろうか…。

 

このアンサンブルに、

既存のピアノと他楽器のための、

完成されたオリジナルデュオ作品を、

できる範囲で持ち込みたいというのが、

目下の私の目論み…。

 

ただし、それには、

パンフルートという楽器の、

構造学的制約(転調に限界がある)によって、

楽曲を部分的に、ピアノソロ曲に書き換え、

全体を一曲に纏めていかなければならない。

 

選曲からアレンジメントの手法まで、

限界への挑戦…とも言える試みだけど、

だからこそ面白いという思う、今日この頃。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー