究極の秘密は基本の中に

所謂、演奏家との合わせの楽しみ、

それは、音を合わせることよりも、

むしろ会話の中にある。

 

先日も、ある著名な方と合わせをしながら、

止まらなくなってしまったお喋りの中で、

長年、私の中で興味の筆頭の一つである、

“音律” に関する、宝物のようなお話を伺った。

 

その詳細を、

ここに書くわけにはいかないけれど、

究極の秘密とは、

なにも魔法のような特殊なものではなく、

意外に単純な、誰もが知っていることの中に、

普通に存在しているのだという事実が、

私を震撼させた。

 

足元のことを大切にせよ!

今は亡き恩師が、

徹底的に厳しく、私に仕込んでくれたこと。

そのことを、もう一度思い起こしながら、

さらなる精進をと思う、今日この頃。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー