♯から♭へ…

ショパンの遺作、

嬰ハ短調ノクターンの終止。

最後の和音は、ピカルディー3で、

cis-moll が、Cis-durに終結して終わる。

 

この、ペダルによって延引され、

空間に漂う最終和音が、

どういうものか、私の中でいつも

微妙なグラデーションを描きながら、

Des-durの和音にとって代わる。

 

何かの先入観なのか…?

理由はわからないのだけれど、

とにかく、私にはそう聴こえる。

 

清く浄化された魂が、

気づけば、暖かい♭に包まれ、

新しい生命を宿すように…。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー