エリーゼのために

所謂、“珠玉のピアノ曲”に、

カテゴリーされる曲で、

一般には簡単とされているけれど、

意外と侮れない曲というのがある。

 

例えば…、

ベートーヴェンの「エリーゼのために」。

 

一方、大体同じ立ち位置にある、

バダルジェフスカ作曲「乙女の祈り」。

こちらの方は、

オクターブに苦戦するという理由から、

初心者には敬遠されがちだけど、

弾けてしまえば、前者ほど難しくない。

 

実は、この「エリーゼのために」、

真の作曲者が疑問視されている、

ベートーヴェンの疑作にあたるもの。

 

人々のイメージが、

およそ流麗とは程遠いベートーヴェン。

しかし、テンペストの第三楽章や、

テレーゼを思い浮かべると、

彼の作品である可能性、無きにしも非ず…、

に思えるのだけど、真偽はいかに…。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー