ノクターンの伴奏

所謂、珠玉のピアノに位置づけらる、

ショパンのノクターン変ホ長調 作品9-2。

 

有名なこの曲の難しさは、左手にある。

そう、この伴奏を美しく弾けたなら、

作品の9割を制覇したも同然…。

 

ソプラノと対をなすバスのラインと、

その上に乗せられる、

テノール声部のため息のフレーズ。

 

このアーティキュレーションを、

繊細に表現するには、

指の完全なコントロールに加え、

ペダルの微妙な操作が必須。

 

いやいや、この曲だけでなく、

同じ伴奏型を繰り返すこの手の曲は、

例外なく左手がとっても難しい…。

 

主役のメロディーに対し、

伴奏は縁の下の力持ち。

とにもかくにも…、

先ずは、土台作りに手間をかけたいもの…。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー